PSBアカデミー ASEAN諸国奨学金制度を初創設 社会的影響力を重視

シンガポールの民間教育機関部門から初となるこの取り組みは、奨学生の選考の重要な基準として、社会的な影響力があるかを重視する一方、地域のチェンジ・メーカー(変革を起こす人材)の育成を目的としています。

アジアのフューチャー・アカデミーであるPSBアカデミー(PSB)は1日、初の取り組みとして「PSBA フューチャーメーカーズ ASEAN 奨学金制度」の奨学生の募集を開始しました。 この奨学金制度はASEAN諸国の学生が対象です。

シンガポール出身のファティン・インシラ・ビーテ・ファディルさんは、豪ラ・トローブ大学の卒業生で、PSBアカデミーのフューチャーメイカー・キャンペーンの支援をうける学生の一人です。臨床研究を行いながら医者を目指しており、医療の専門知識を活かし、科学者達の卵に希望を与え、積極的に地域に影響を与えたいと考えています。今回新しく設立されたASEAN奨学金制度を通じ、彼女のように良い意味で社会的影響力のある、熱心なASEAN地域出身の学生を支援することを、PSBは望んでいます。

この地域的取り組みは、シンガポールの民間教育機(PEI)部門では初めての試みで、2018年にシンガポールがASEAN議長国を務めることを見据えて構想が練られました。シンガポールは、ASEAN地域の連携のための重要な成長ドライバーとして、「レジリエンス(回復力)」と「イノベーション(革新)」を重要項目に挙げています。

そのため、今回の草分け的な奨学金制度プログラムが積極的に地域に貢献することを、PSBアカデミーは望んでいます。その方法は、シンガポールのPEIを牽引する教育機関として、これから芽が出るであろうASEAN地域の才能達にPSBでの学業がうまくいくよう尽力することです。また、実際そのようにして、新経済世界で地域コミュニティーが成長する中、その地域の人々をサポートし、貢献してきました。

社会的使命を担う奨学生

今回設立された奨学金は学業の成績を基準に受給されますが、候補者がPSBアカデミーを卒業した上で、地域にとっても意義深い、社会的な影響を与える可能性があるかどうかも選考基準となります。

「今年はシンガポールがASEANの議長国を務めることに伴い、大きな期待が寄せられていることを我々は重々認識しています。ASEAN地域がより革新的でダイナミックな経済コミュニティに変貌を遂げるきっかけとして、我が国の試みにこの機会を活かすことができたらと願っています。人的資本を高めるための決定的なイコライザーとして、我々は常に質の高い教育というものの価値を信じてきました。初の地域的取り組みであるこの奨学金制度が、より多くの学生達が自身を高め、一流の技能を身につけ、さらに地域をより豊かにするための戦力となるきっかけとなるでしょう」と、PSBアカデミー奨学金委員会の議長で、マーケティング・コーポレートコミュニケーション学科の副学科長、マーカス・ロー氏は語ります。

3月募集開始

初回の応募は3月から5月にかけて行われ、奨学生の募集プロセスには動画の提出も含まれます。動画では、母国やASEAN地域のための積極的なチェンジ・メーカーとして、候補者がどのように地域に貢献するかについてプレゼンを行います。

「シンガポール第一のPEIとして50年もの間、我々は即戦力となりうる卒業生を送り出してきました。現在、我々の使命は進化の過程にあります。シンガポールの生産性向上運動の勝者として、我々の遺産を活用し、多彩な能力を持った地方色のあるコミュニティを創り上げ、国外へまでも影響を及ぼしています。僭越ではありますが、今回の奨学金制度の発足で、ASEAN同盟国の人々が質の高い教育を強く求めていることを自覚するための一助となれたらと思います。そしてそれがASEAN地域にとって、良い意味での経済的・社会的な変化に繋がるのだということも認識してもらえたらと考えています。」そう話すのは、PSBアカデミーの(教育学習学部)副学部長、マーティン・グルナート博士です。

奨学金プログラムでは、PSBアカデミーの学部、学位プログラム、サーティフィケート(履修証明プログラム)、あるいはIGCSE(一般中等教育終了試験)プログラムのいずれかを受講する奨学金受給対象者に、授業料の全額、あるいは一部の補助金を出す予定です。奨学金受給にあたり、候補生はPSBアカデミーへの入学が認められているか、既定の課程に在学している必要があります。

ASEAN そしてASEANを越えたフューチャー・メーカー

PSBA フューチャー・メーカーズ ASEAN 奨学金制度は、PSBのより幅広い取り組みと共に作られました。「PSBAフューチャー・メーカー」として南・北・東南アジアの人々と歩調を合わせ、PSBの学生や、スタッフ、卒業生をサポートするためです。

「PSBアカデミーの学生、卒業生、職員、パートナー達が、自分自身、そして地域コミュニティーの成功のために努力しているように、アジア各地のPSBキャンパスで、フューチャーアカデミーとなるようPSBアカデミーを作り上げた想いは、彼らの中で赤々と燃えています。そして今も我々のミッションは続いています。フューチャー・メーカー達の魂が多くの人々に、ASEANの未来を共に築きながら、自身と地域への貢献という共通の目標を持つことができるよう、希望を与えることを望んでいます」と、PSBアカデミーCEOのデリック・チャン氏は述べています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です